(財)天風会 鎌倉賛助会

鎌倉の会のご紹介   
公益財団法人天風会認定 鎌倉の会について
  公益財団法人天風会の賛助会は、賛助会員(天風会の趣旨・目的に賛同する個人又は団体)で構成する任意の集まりです。(公益財団法人天風会 賛助会規定 第2条)

 公益財団法人天風会認定 鎌倉の会は1959年(昭和34年)に設立されました。神奈川県、静岡県の賛助会員を中心に構成され、心身統一法の普及促進活動を地域に根ざして行っています。設立から50年を越え、安定した運営を行っています。

 激動変転極まりのない現代に生きるあなたに、いっしょに心身統一法を学ぶことで、強い心を創り、明るく朗らかで活き活きとした日々を過ごしましょう。

イメージ 
  公益財団法人 天風会について
財団法人天風会は、 1940年(昭和15年)に統一哲医学学会の名称を『天風会』に改称し、
昭和37年3月、現厚生労働省より設立許可された公益法人であり、
平成23年4月より内閣府認定の公益財団法人となりました。

  中村天風は自らの体験と、心と身体の相関関係を科学的に研究し、誰にでも備わっている『いのちの力』を充実させ、真の健康を確立する方法として『心身統一法』を創見しました。

 中村天風は1919年(大正8年)に講演活動を開始し、その後、統一哲医学学会を設立、心身統一法の本格的な普及促進活動を開始しました。心身統一法は、東郷平八郎,尾崎行雄,後藤新平,松下幸之助,稲盛和夫,尾身幸次 など数多くの人々に支持され、時代を支える多くの人財を輩出しました。

 天風会の思想は、その『設立趣意書』に隈なく書かれています。

設立趣意(昭和37年3月設立) 

 『人間いかにして活きるべきか』
 これは太古より今日に至るまで、そして恐らく永遠の将来にわたって、人間にとって最も重大な問題でありましょう。この問題の解決のため、絶えざる努力と研究が続けられ、そして幾多の学説と思想が生まれ、種々の方法と手段が考え出されてきました。

 特に二十世紀に入ってからは、科学の長足な進歩が人類の幸福に大いに貢献してきました。
 即ち人類は生活環境の改善、医学の進歩、保健衛生に関する考え方の進歩、医療器械の発明、医薬の発見、発明などによって、より高度の進歩した文化生活を営むことが出来るようになり、これに伴って人間の平均寿命も著しく延びるに至ったわけです。

 しかしながら、個々の人間は完全に健康を保っているでしょうか?そして真に人生の幸福を楽しんで活きているでしょうか?
 人間にとって長く生きたい、ただ長く生きるというだけでなく強く生きたい、そして更に人類社会に役に立つ人間として、心豊かな一生を送りたいというのが万人共通の願いであり、あこがれであると言えましょう。

 ところが現実に我々の周囲を見まわしてみると、人々の多くは科学万能による物質的文化生活のため、心身のバランスを失い、肉体的にも精神的にも各種の障害を起こし、却って健康の低下を見ている事実は否定できません。
 この点を考えると、人間が真に幸福な境涯に生きるためには、生命の内容をさらに一層充実させる必要があることを痛感せざるを得ません。

 公益財団法人 天風会は、会の創始者中村天風の稀有にして貴重な体験と広い知識と深い思考による研究に基づき、心身に系統的段階的な訓練を加えることにより、総合的に完全な生命を現実に作り上げる方法を呈示し、人類社会の福祉に貢献する目的をもって努力を重ねてきました。

 本財団は今後なお一層人類の真の健康とその幸福を増進するための理論と実践的方法の研究と普及に全力を注ぎ、進んで人類の進化と向上をはかることを理想とするものであります。
 

All Rights reserved by 公益財団法人天風会認定 鎌倉の会