(財)天風会 鎌倉賛助会
活動報告


鎌倉賛助会の講習会は今年度から、1日に2人の講師が担当することになり、更に充実度がアップしています。

7月12日(土)講習会報告 「精神使用法」 櫻井啓ニ郎講師
               /「活きるよろこび」 飯田弥生講師
講習会を受講して
                          鎌倉賛助会 星 孝子

 講習会は先ず大久保代表の挨拶から始まり、その中で「ニコニコして下さい。お隣の方と握手をして下さい」のお言葉に、初対面の方ともニコニコと、あちらでもこちらでも握手が交わされます。その瞬間から空気が一変し、会場内が一体となったような和やかな楽しい雰囲気に包まれます。天風会ならではの雰囲気がうれしい!!
 前講は、いつも会場にお花を活けて心を和やかにしてくれている中台ちかよさんです。
 職場の人間関係をきっかけに、学び始めました。ニ〜三年毎の転勤があり、そのつど新しい人間関係が始まり、難しいものがありました。その時、天風会の学びを活かし「人の好き嫌いはしないように」「人の悪口を言わないように」等「心の使い方」を厳しく実践しました。今では新入社員の方の先輩としてのかかわりに自信を持てるようになりました。又ある時は、苦手のセーターを編む時に「完成したところをイメージしながら」やったところ、見事に出来上がり、学びの成果を喜びで話されました。
 櫻井先生は、ご自分の社長としての現役時代の体験を交えながらのお話が、とても身に沁みました。「自分が悪いのに謝れない時がある。考えていても中々行動にならない。一皮抜いて、飛び込んで行けば良いのに、勇気と信念が足りない」事。「先ずは自分が決めて行動することが大事。何人の人に聞いてもかえって判らなくなる。答えは自分が出す。自ら行動する」事。又「相手と本気で話せるか?陰口を言わない。不平不満を言わない。他人は変えられない。先ず自分から変わって行く。反省するのは自分である」事等々、本当に大事な事を教えていただきました。毎日の実践では、三勿三行を実行する事。毎朝の体操の後には、誦句を自分にしっかり言い聞かせるようにして唱えていますと、ご自身の日常の実践もお話下さいました。
 「活きるよろこび」をお話して下さる飯田先生は、女性らしいやさしくて物静かな話し方の中に、あの迫力はどこから?と思う程心に響きました。「心も体も自分の一回限りの命を生かしている生命用具である事。そして心は、喜びを感じたり、感激したりとプラスのことを感じる反面、突如として怒り、恐れ、悲しみなどが襲って来て、自分の心に自分で振り回される時がある。そういうマイナスの感情は、上手にコントロールして行く。やたらに自分に矢を向けて自分を傷つけない。自分を救うものは自分しかいない。安定打坐をして、心をきれいにして心の曇りを取れば、その奥に本当の自分がある。そして自分は、本当に素晴しいものを持っていると自己認証する。しかもただ認めるだけでなく「実感」する事。そこを「実感」し、人生を変えていただけたのは、この心身統一法に巡り合ったお蔭であり、同じ「志」の人と共に学び合える事が喜びであり、一人ぼっちではないんだと、感謝に溢れた「活きるよろこび」のお話をいただきました。
 私は今、自分の中に少しずつ素晴しいもののある事に気付かせていただいております。そしてそのことが実感となるよう、学びを深めて参ります。この大きな学びに出会えた事、そして大久保代表初め鎌倉の皆様と共に学べる「幸せ」をかみしめております。
 桜井先生、飯田先生、ありがとうございました。




賛助会員募集
鎌倉賛助会では、一緒に心身統一法を学んでいく会員の方を募集しています。中村天風先生の教えを更に深く学んでみたい方は、ぜひお気軽に講習会や日曜行修会にお越しください。


 All Copyright reserved by (財)天風会 鎌倉賛助会