(財)天風会 鎌倉賛助会
活動報告
講習会にて体験発表いただいたKMさんより、原稿をいただきました。
KMさんのひたむきで率直なお気持ちが表現されています。
是非ご一読ください。

2015年 2月 体験談報告  鎌倉賛助会 KMさん

天風会で勉強しようと思ったきっかけと天風会で感じたことなどをお話しさせていただきます。

きっかけの一つは60歳になった時に自分が何者なのか?このまま不安を心の奥に抱えて年をとって行ってよいのか?自分を知って自分変える方法はないものか?と考え始め、仏教か?キリスト教?はたまた、他の何か?をと見つけているときに友人から天風会を教えて頂きました。

天風会を知る前の私は、嫁と姑との確執や悩みは多少あっても、家族に守られており、その枠の外には出る事はありませんでした。つまり、厳しい父のもとで育ち、結婚してからはしっかり者の義理の母と生活しているうちに相手の立場を考えて行動する事が多く、自分を試し、自分の世界を広げる努力やチャンスを見逃して来たのだと思います。だから、60歳になった時に本当の自分自身が分からず、不安になったのです。

2番目のきっかけは天風先生の食べ物に関する考え方でした。
現代医学や現代栄養学をすべてとするのでなく、自然と調和した食生活を良しとするこの2点でした。
40代の頃はECCで子供たちと一緒になって英語を楽しんで、教えておりましたが、50代中頃になって貧血と体力不足で教える事がつらくなり、家で寝ていることが多く、ホームティチャーを続けて行くことができなくなりました。

あちこちの病院に行きましたが、はかばかしくなく、川崎市立病院の林先生という良い婦人科の医師と出会えたこともあり、漢方薬やお薬でなく、毎日の食事の内容を野菜中心に変え栄養補助食品であるミキプルーンを加えて、少しずつ元気になってきました。

時間は5,6年とかかりましたが、やっと!
本当に元気です!と言える状態になりました。でも、壁にぶつかったのです。
いくら良いものを食べても、食生活を変えみてもすぐにストレスで体調を崩してしまう・・・何故だろう?・・また振り返って考えてみると何となく思い当たることがありました。

私はミキ・プルーンの仕事で体の弱い方、病気の方とお話しする機会が多くあります。
すると・・私までが体調を崩してしまうのです。

最も辛かった方は73歳のある会社の元社長さんとの出会いでした。約1年前に胃癌の手術をした後ほとんど通常の食事が取れず、ほんの少しのお粥、果物と不安な気持ちを紛らすお酒で生活をなさっておいででした。

プルーンを1ヶ月位取り、毎月の血液検査ではいろいろな数値が嘘のように改善されてゆき、正直なところ私も驚きました。
多分、1年近くもまとまった栄養が入らず、飢餓状態にあったので、身体に必要な栄養の吸収がとてつもなく、早かったのだと思います。

そんな状態が半年ほど続き、本人も僕は100歳まで生きられそうだ!!と言うほどに元気になられ、猛暑のお盆に自分でハンドルをにぎり故郷の家へ家族と一緒に行かれた後、体調を崩して入院され、強い抗癌剤の再治療をすることになりましたが、3ヶ月後、意識が戻ることなく亡くなりました。

その間、私の健康状態も悪くなり、社長さんと同じような波長になってしまったのです。

そんな時に弱った宮木の母のマッサージの先生からこんな事をアドバイスされました。「宮木さんは同情のし過ぎだよ。同情して相手の人が良い方向に向かうことはないよ。むしろ、相手の人も自分も具合を悪くしてしまう。宮木さんのやるべき事は春風の中でしっかりと立って居ること。」と言われました。  
マッサージの先生のおしゃっている深い意味はわかりませんでしたが、友人から勧められた天風会に行ってみようと思い立ち、本部での夜の講演会に出席致しました。

明確にはっきりとした道筋をお話しくださり、しかも理論的に整理されているので理解をするのに早道かとおもいましたが、ところが・・・・・お話を聞いた直後は理解できても、自分の身にはちっともならな
いし、聞いた後の少しの間だけ実行できるのですが、暫くすると忘れてしまう!そんな繰り返しでした。

そして、講演を聞けば聞くほど、難しく感じていましたが、1年に1回、護国寺本部での多くの皆さんと一緒に過ごす夏の修練会が終わった後の充実感は今までに感じた事のないものでした。

入会致しましたのは3年前ですが、その間に長い間、一緒に過ごした義理の母を亡くし、昨年秋には私の実の父を亡くしました。二人の大きな心の支えをあっという間に亡くし、非常に落ち込みましたが、これからは自分で栄養をあげ、自分で自分を育ててゆく楽しみを大切にせねばならないと感じております。

そして、観念要素の更改法を教えて頂きながら、私が一番求めていた事だと分かりました。

春風の中でいつもしっかりと立っていられる自分になる道筋を天風先生は示してくださっています。

心は言葉でできています。という天風先生の教えに改めて「はぁ!!」としました。「身体は食べ物でできています。 と言う言葉と呼応するからです。そして、心と身体はお互い身助け合っているからです。

人に同情し過ぎを天風先生は対人精神態度のところで戒めておられますが、正に私のことだ!と思いました。

私にとって、こんな変化のある時期に天風先生の教えに気ずき、また多くの方々からお聞きする機会があることを心から感謝し、毎日の生活のなかで少しづつでも実行してゆきます。

はい!!毎日頑張ります!という心持ちです。

拙い話をお聞きいただき有難うございました。

賛助会員募集
鎌倉賛助会では、一緒に心身統一法を学んでいく会員の方を募集しています。中村天風先生の教えを更に深く学んでみたい方は、ぜひお気軽に講習会や日曜行修会にお越しください。


 All Copyright reserved by (財)天風会 鎌倉賛助会